• 7大学連携

    スポーツ・

    リベラルアーツ講座

    大学領域を越えた、

    グローバル社会で活躍できる教養人の育成

  • ご挨拶

    ※大学名五十音順

    神田外語大学

    体育・スポーツセンター准教授

    ボランティアセンター・スポーツ通訳ボランティア推進室長

    7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座実行委員会(オーガナイザー)

    朴 ジョンヨン

     Withコロナ時代において、確かにコロナウイルスは恐れるものではありますが、感染を防ぐ医療知識や予防策とこれまでの生活様式を工夫することで、恐れず対応することができます。自粛生活が続く中、今年の講座は受講生の安全・安心を最優先に考え、オンライン・キャンパスで行うことになりました。
     ノーベル平和賞受賞者でありオリンピアンでもあるフィリップ氏は、「スポーツは人類最大の希望である」と述べています。この時代に生きる我々は、本講座を通じて「真のスポーツの価値」や、希望をもって生きる「リベラルアーツの学び」について共に考えていきましょう。

    慶應義塾大学

    体育研究所 所長・教授

    石手 靖

     ご承知のように2021年に東京オリンピック・パラリンピックが開催されます。それに向け最近関連したイベントが数多く開催されています。本講座は、オリンピック・パラリンピックへの関心を高めること、そして、オリンピック・パラリンピックへの理解を深めることを目的としています。

     学生時代に自国で開催されるオリンピック・パラリンピックをより身近な大会として迎え、楽しみましょう!

    上智大学

    学生総務担当副学長・教授
    ソフィア オリンピック・パラリンピック プロジェクト責任者

    久田 満

     上智大学では、東京2020オリンピック・パラリンピックを共生社会の象徴的イベントとして捉え、本学の教育精神である「Men and Women for Others,with Others(他者のために、他者とともに)」をもって、若い世代がその理解をすすめ、東京2020大会のみならず、ボーダレスな共生社会の実現を展望する機会を提供しています。

     この度の7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座では、7大学それぞれの特色を活かした講義・実習・ディスカッション等が展開され、有意義な成果が上がることを期待しております。

    筑波大学

    オリンピック・パラリンピック総合推進室長
    理事・副学長(教育担当)・教授

    清水 諭

     スポーツは、国や文化、年齢、性別、障がいを越えて、多くの人々が様々なかたちで楽しむことができます。スポーツ科学や体育学は複合分野ですが、本学の総合大学としての特徴を活かし、医学・医療科学、障害科学、心理学、社会学、芸術学、情報学、工学などが連携し、先端的な学際研究を進めています。
     個性や価値観の異なる多くの人々が多様なかたちで関わる可能性に溢れた東京2020オリンピック・パラリンピックは、ダイバーシティを意識し、よりよい共生社会について考えるチャンスです。本学はオリンピック・パラリンピック総合推進室を通じて、21世紀共生社会の実現を先導していきます。

    東京大学

    大学院総合文化研究科 教授
    スポーツ先端科学連携研究機構 機構長

    中澤 公孝

     COVID-19が私たちの生活・行動様式に大きな変革をもたらしています。スポーツも例外ではなく、その社会的意義や役割も変化させざるを得ません。時を一にしてオリンピック・パラリンピックを迎える日本人は、否応なくスポーツの変化を感じ、また考える機会を与えられているのかもしれません。
     この講座では、様々な側面から私たちとスポーツの関わりを問い直す材料を得ることができます。私も皆さんとともに考えてみたいと思います。

    立教大学

    立教大学コミュニティ福祉学部教授
    東京オリンピック・パラリンピックプロジェクト座長

    安松 幹展

     昭和初期から立教大学教授として、様々なスポーツを日本に紹介しながら、若者達に希望を持たせてくれたPaul Rusch(ボール・ラッシュ)博士は、異なる人種、言語、性別、障がいなどのあらゆる物事を、スポーツによって繋げる力を持つ人でもありました。
     グローバル社会に必要な人材には、そんなスポーツがもつ力を身近に感じ、教養として身につけていくことが求められているのではないでしょうか。東京オリンピック・パラリンピックの開催と本講座から、共生社会を豊かにするヒントを皆さんとみつけて行きたいと思います。

    早稲田大学

    常任理事/商学学術院教授

    オリンピック・パラリンピック事業推進委員会 委員長

    恩藏 直人

     東京2020大会は、私たちが暮らす東京に世界中から人が集まり、直に交流ができる貴重な機会です。学生にとってこの大会は、「国際化」や「ダイバーシティ」を体験する学びの場となります。「7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座」は、東京2020大会の意義やスポーツの多様性、そして広く教養を学ぶことをテーマとしています。本講座へ参加する学生一人ひとりが多角的な視点でスポーツやオリンピック・パラリンピック大会を理解し、来年の大会をより身近に感じてもらいたいと願います。

  • 2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座概要

    -スポーツを通じた社会貢献-

    主催:

    7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座実行委員会
    (神田外語大学、慶應義塾大学、上智大学、筑波大学、東京大学、立教大学、早稲田大学)

    開催日程:

    <1 日目> 2020 年 12 月 12 日(土)09:00~17:00
     会場:オンラインキャンパス(Zoom)
     テーマ:グローバル社会におけるスポーツの多様性

     

    <2 日目> 2020 年 12 月 13 日(日)09:00~16:00
     会場:オンラインキャンパス(Zoom)
     テーマ:東京2020大会の意義や21世紀のスポーツ

     

    ※上記開催時間は都合により変更になる場合があります

    対象:

    大学生(200名)

    ※定員になり次第、早期締め切る場合がございます

    受講料:

    無料(全2日間)

    ※コロナ禍における学生支援として、今回特別に無料といたしました

    講座内容:

  • 2020年度講座パンフレット

    表紙

    Curriculum & Schedule

  • お申込み

    申込期間:2020年11月17日(火)9:00 ~ 12月4日(金)23:59

  • 2020年度 講師紹介

    第1日目 12月12日(土)

    Theme:グローバル社会におけるスポーツの多様性

    会場:オンラインキャンパス(Zoom)

    幹事校:神田外語大学

    宮内 孝久

    神田外語大学 学長

    (前)三菱商事㈱代表取締役副社長

     

    幹事校代表

    ご挨拶とメッセージ

    鎌田 薫

    大学スポーツ協会会長

    (前)早稲田大学総長

     

    特別講演

    『大学スポーツが目指す21世紀のスポーツ教育』

    真田 久

    筑波大学

    体育系 教授

     

    『オリンピック・パラリンピック歴史と教育』

    朴 ジョンヨン

    神田外語大学

    体育・スポーツセンター 准教授

    スポーツ通訳ボランティア推進室 室長

    『リベラルアーツとして21世紀のスポーツとは』

     

    中澤 公孝

    東京大学

    大学院総合文化研究科 教授/

    スポーツ先端科学連携研究機構 機構長

    自由選択科目 Group 1

    『脳科学からみたパラリンピアン』

     

    加藤 晴康

    立教大学

    コミュニティ福祉学部

    スポーツウエルネス学科 教授

    自由選択科目 Group 2

    『サッカー日本代表育成チームメディカルスタッフが選手に世界へ羽ばたく活躍を期待して試行錯誤を行った四半世紀の報告』

     

    吉原 聡

    神田外語大学

    米国Berklee College of Music卒
    全国外大連合通訳ボランティア育成セミナー講師

    『リベラルアーツとしての音楽とは』

     

    ソフィアオリンピック・パラリンピック

    学生プロジェクト Go Beyond

    上智大学 学生団体

     

    オンライン学生懇親会

     

  • 第2日目 12月13日(日)

    Theme:東京2020大会の意義や21世紀のスポーツ

    会場:オンラインキャンパス(Zoom)

    幹事校:慶応義塾大学

    石手 靖

    慶應義塾大学

    体育研究所所長/教授

    幹事校代表

    ご挨拶とメッセージ

    橋本 聖子

    東京オリンピック・パラリンピック担当 国務大臣

     

    特別講演(ビデオメッセージ)

    『東京2020大会にむけて』

    千田 健太

    2012ロンドンオリンピック

    男子フルーレ団体銀メダリスト

     

    『アスリートに学ぶ人間力』

    神武 直彦

    慶應義塾大学大学院

    システムデザイン・マネジメント研究科 教授

    『システム思考とデザイン思考でスポーツの未来をデザインする』

    勝野 美江

    内閣官房東京オリンピック・パラリンピック推進本部事務局 企画・推進統括官

     

    自由選択科目 Group A

    『東京大会に向けたホストタウンの現状』

    稲見 昌彦

    東京大学

    先端科学技術研究センター 教授

     

    自由選択科目 Group B

    『ポストコロナの新しいスポーツの創造

    江上 いずみ

    筑波大学 客員教授

    神田外語大学 キャリア教育センター 客員教授

    『おもてなしと異文化コミュニケーション』

  • お問い合わせ

    本講座についてお問い合わせのある方は、

    下記フォームよりご連絡ください。

  • 更新情報

    ― News ―

    2020.12.21 - 2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座を開催

    • 2020年12月12日・13日の2日間に渡り、2020年度『7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座』をオンラインキャンパスで開催し、無事終了いたしました。

    2020.12.01 - 2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座パンフレットデータ版アップ

    • 講座概要にパンフレットデータをアップいたしました。

    2020.11.27 - 2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座 募集期間を延長

    • 皆さまからご希望をいただき、募集期間を延長いたします。
    • 申込期間:2020年11月17日(火)9:00~2020年12月4日(金)23:59

    2020.11.16 - 明日11/17より2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座募集を開始

    • 申込期間:2020年11月17日(火)9:00~2020年11月27日(金)23:59

    2020.11.11 - 2020年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座、開催決定

    • 2020年度『7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座』は12月12日(土)・12月13日(日)2日間をオンラインで開催いたします。
    • 11月17日(火)午前9時より募集を開始する予定です。詳細が決まり次第アップいたします。

    2019.12.02 - 2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座を開催

    • 2019年11月30日・12月1日の2日間に渡り、『2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座』を開催し無事終了いたしました。
    • 詳細については、こちらをご覧ください。

    2019.11.19 - 2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座パンフレットデータ版アップ

    • 講座概要にパンフレットデータ版(PDF)をアップいたしました。

    2019.10.01 - 2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座の募集を開始

    • 申込期間:2019年10月1日(火)9:00~2019年10月31日(木)23:59

    2019.09.12 - 2019年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座、開催決定

    • 2019年度『7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座』は11月30日(土)・12月1日(日)2日間で開催いたします。
    • 10月1日(火)午前9時より募集を開始する予定です。詳細が決まり次第アップいたします。

    2019.04.01 - 7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座公式ウェブサイト開設

    • 7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座公式ウェブサイトを開設いたしました。
    • 2019年度開催については詳細が決まり次第アップいたします。

    2018.11.24 - 2018年度7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座を開催

    • 2018年11月11日・17日・24日の3日間に渡り、『7大学連携スポーツ・リベラルアーツ講座』を開催し無事終了いたしました。
    • 詳細については、こちらをご覧ください。